​仏事をお勤めする意味

 私たちは、誰もが大切な方とのお別れを経験します。
その方が亡くなられた命日をご縁日として、仏事を行います。
そのことから、仏事とは「先立たれた方のため」に
するものだと思ってしまいがちです。


しかし、浄土真宗の教えを聞く私たちの命は、
浄土に生まれ仏になってゆく命です。
ですから、私たちがお勤めする仏事は
「追善供養(※先立たれた方が少しでも良いところに行けるよう、
こちらから善行を積んで供養すること)」ではありません。
先立たれた方が自らの命をかけて残してくださったご縁です。

そのご縁を自分のこととして、
先立たれた方がどうなっているのか、
自分の命がどこに向かっているのか、
確認をさせていただく大切な行事です。

しっかりと繋がりのある方でお勤めをして
その方が命をかけて残してくださったご縁を
『無駄にしなかったよ、ありがとう」と、
仏前で報告しましょう
詳しくは、こちら

​⇩              ⇩              ⇩

畳縁

​*通夜・葬儀*

畳縁

​*年忌法要*

畳縁

​*その他仏事*