​通夜・葬儀について

 通夜、葬儀は先立たれた方の最後のお勤めであるのと同時に、先立たれた方が自らの命をかけて私たちを仏前へと導いてくださった大切なご仏事です。

 菩提寺のない方、初縁の方でもお受付しております。

また当寺の本堂にて通夜並びに葬儀をお勤めすることも可能です。できる限り皆様なお気持ちに寄り添い、お勤めさせていただけたらと思っております。

不明な点、ご相談、些細なことでも構いません。お気軽にお問い合わせください。

​仏事について

​(初七日法要・四十九日法要・回忌法要・入仏式等)

 仏事とは、先立たれた方が自らの命をかけて、遺された私たちにご用意くださった大切なご仏縁です。

 故人様を仏様として身近に感じながら、今一度私たちに何を教えてくださったのか、私たち自身の命の行く末についてご一緒に考えましょう。

 ○初七日(しょなのか)法要

 往生された日を入れて

 七日目にお勤めする法要

 ○四十九日法要(納骨法要)

 往生された日を入れて

 四十九日目にお勤めする法要

 ○回忌法要

​ 往生された翌年の祥月命日を一周忌として、その後は往生された年を一年として三回忌(二年後)、七回忌(六年後)、十三回忌(十二年後)、十七回忌(十六年後)、二十五回忌(二十四年後)、三十三回忌(三十二年後)、五十回忌(四十九年後)とお勤めいたします。

 下記、回忌表をご参照ください。

 ○入仏法要

​ ご家庭のご仏壇に新たに御本尊をお迎えするときにお勤めさせていただく法要です。お寺にお越しいただいてお勤めする場合と、皆様のご自宅にお伺いしてお勤めさせていただく場合があります。

 ※どちらの法要も追善供養ではありません。浄土真宗においては、往生された方はすぐさま仏様ならせていただくみ教えです。追善供養としてお勤めするのではなく遺された私たちが仏様と向き合う大切な時間としてお勤めさせていただきます。

​ 法要期日の前後、皆様のご都合の良い日時をお決めになり、ご連絡ください。いつでも受け付けております。

 

        

2020(令和二)年回忌表

​◉ご相談・お問い合わせはこちらへ

TEL   :03ー3873ー4490

FAX  :03ー3873ー9672​

MAIL:asahizanjyounji@gmail.com