浄雲寺について

 浄雲寺は、今から約750年前、浄土真宗の開祖である
親鸞聖人の弟子であった祐光坊証念によって創建されました。
その後元禄13年(西暦1700年)、
武州荒木田村より現在の地、台東区清川に移転しました。

 移転してから約300年の歴史がありますがその間多くの転変を経ました。
関東大震災、戦災と続けて2度の災害を蒙りましたが、
その都度浄雲寺門信徒様のご尽力により復興し、
昭和42年に現在の本堂が完成し、今日に至っております。

 しかし、残念なことに二度の災害によって失ったものは多く、
ほとんどのものが焼失してしまい、歴史的資料などはほとんどが残っていません。

IMG_5419.JPG

  あらき  しょうた

​しゃく しょうげん

浄雲寺住職 荒木 尚太 / 釋 尚玄 

IMG_0816_Original.JPG

1996年1月11日生まれ、26歳

平成30年、第30代目として住職継職
 
*ひとこと*

まだまだ経験も浅く、未熟なところもありますが、
若さを生かし、皆様が気軽に話せる親しみやすい
住職を目指しております。

皆様の心、お気持ちに寄り添うお寺・住職として
これからも精進いたします。


* 経歴 *
2014年7月 得度(出家)
2016年3月 中央仏教学院修了 / 教師(住職)資格取得
2017年3月 勤式指導所修了 / 特別法務員取得
2017年9月 伝道院修了 / 布教使取得